更年期障害の症状 食欲不振 胸焼け 胃もたれ 便秘 下痢

更年期の食欲不振・胸焼け・胃もたれ・便秘・下痢

消化器系の更年期症状

更年期症状で悩まされている人の中には、食欲などに変化を感じるようになったという方も居ます。更年期症状の全てがそうという訳ではないですが、中にはそういう悩みもあります。というのも、更年期症状としては、消化器系の変化に関する症状もあるからです。では、具体的にはどんな症状が起こり得るのでしょうか。

 

食欲不振・胸焼け・胃もたれ

まず、食欲不振が挙げられます。以前は食事を問題なく摂取することが出来ていたのに、食欲が激減したというケースです。こういうケースでは、少しぐらい空腹になったとしても、ほとんど空腹感を感じないのです。それこそ一体いつになったら食事を摂りたくなるのかとさえ感じるのです。また、食事後に、胸焼けを起こしたり、胃がもたれるような気になるのも、このタイプです。しかも少し食べただけでも胸焼けや胃もたれに繋がるのです。これはまさに消化器系の器官の問題と言って良いのです。

 

便秘・下痢

また、食事に関する問題のみが生じるわけではないのです。便秘や下痢なども頻繁に起こすことになります。便秘にしても下痢にしても、摂取した飲食物がきちんと体内で消化されないことによって起こるのですが、消化器系の器官の問題についてよくよく考えてみると、うなづけます。もし摂取物に対して何も大きな問題はないのに、便秘や下痢に頻繁にかかりやすいのであれば、一度消化器系の問題について医師に相談した方が良いでしょう。こういうケースでは、ほとんどの場合、更年期症状の1つであることを医師から指摘されます。

 

>>月経異常・性欲減退 について見る

更年期の症状とおすすめサプリ一覧

スポンサードリンク

page top