更年期 ホルモン薬

ホルモン薬による更年期治療と期待できる効果

更年期症状は、薬を服用することによって、何かしらの効果は期待できます。ただし、薬の服用とは言えども、薬なら何でも良いと言わんばかりに、ただ闇雲に薬を飲むだけの行為は良くありません。それぞれの薬の効果をきちんと理解した上で、正しく服用していってこそ、初めて効果を期待できるようになることを、忘れてはいけません。ここでは、更年期症状対策として、ホルモン薬を飲むことでどんな効果が期待できるのかについてお話します。

 

このホルモン薬は、更年期症状によって激減したホルモンの代わりとなる要素を補充すると言われています。体内のホルモンが減少すると、それだけで逆上せや火照りなどに繋がるのですが、このような現象を防ぐのが、まさにホルモン薬なのです。

 

また、血管運動系の器官に異常がある場合も、このホルモン薬を使用することが多いです。このホルモン薬を服用すれば、性交痛で悩んでいるような方にも、それなりの効果を発揮するようになります。また、骨粗しょう症の治療でも、場合によっては活用することができます。

 

ホルモン薬は、世の中に存在する薬の中では、どちらかというと強力な方なのですが、その分副作用が起こる可能性もあります。例えばですが、頭痛が起きたり、吐き気を感じたり、あるいは乳房などの体のパーツが締め付けられたような痛みを感じることもあります。もし副作用が起こった場合は、一度使用を中止し、担当の医師に相談してみる方が良いでしょう。

 

>>漢方薬での治療と効果 について見る

更年期の症状とおすすめサプリ一覧

スポンサードリンク

page top