更年期障害の症状 ほてり のぼせ 異常発汗 冷え

更年期症状 ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)・異常発汗・冷え

自律神経(血管運動神経)系の更年期症状

更年期症状は、それこそ1日や2日などの短期間で解決できるものではありません。根本的に解決したいのであれば、少なくとも3ヶ月、あるいは半年以上に渡ってコンスタントにケアしていかないといけないでしょう。また、更年期症状という点では同じでも、非常に多岐に渡るものなので、一筋縄で解決するわけにはいきません。そこで、更年期症状には一体どんなものがあるのか、更年期症状の主な特徴について、ここでは見てみることにしましょう。

 

ほてり・のぼせ(ホットフラッシュ)・異常発汗

更年期症状の中でもまず挙げられるのは、自律神経(血管運動神経)系の更年期症状です。これは、血管による運動の質が下がったことによって起こりうるのですが、例えばですが、ほてりとかのぼせといった現象が見受けられるようになります。また、特に何か緊張したり、あるいは激しい運動をしたわけではないのに、頻繁に汗をかくようなこともあります。こういう現象も血管運動神経系の更年期症状なのです。では、頻繁に汗をかくだけで終わるのかと言えば、必ずしもそうであるとは限りません。

 

冷え

人によっては、体全体がどこか冷え込んでいるような感覚を感じることもあります。この冷えの現象は、発汗の反動として起こると言われていますが、まさに体温の状態が異常をきたしていると言えるのです。こういうケースでは、単に体温の管理をしたところで、根本的解決に至るわけではないので、一度更年期症状に精通している医師に相談する方が良いでしょう。そうすれば、どのように解決していけば良いのか、具体的にアドバイスを頂けます。

 

>>頭痛・めまい・不眠・イライラ・うつ について見る

 

更年期の症状とおすすめサプリ一覧

スポンサードリンク

page top