更年期症状 ホルモン減少

ホルモンの減少

更年期障害の症状を根本的に解決していきたいのであれば、表面的に更年期症状について考えるのは、良くありません。更年期症状に限ったことではないのですが、何事も本質的且つ根本的な原因を探っていき、そこから解決をしていくからこそ、本当の意味で更年期症状の解決と繋がっていくのです。ここでは、更年期症状の原因として考えられているホルモンの減少についてお話します。

 

女性ホルモンの減少

このホルモンの減少ですが、更年期症状になると男女共に起こる確率が高くなります。まず、女性の場合は、エストロゲンと呼ばれているホルモンが存在するのですが、これは別名卵胞ホルモンとも呼ばれているのです。このホルモンは、乳房や性器がきちんと熟したり、女性らしい体の創造に必要不可欠なホルモンなのです。

 

もしこのホルモンが不足してしまうと、コレステロールが無駄に増加したり、あるいは骨の成長に絶対に欠かすことのできないカルシウムを上手く作り出すことができなくなってしまいます。また、精神的な状態も不安定となり、少しのことでイライラするようになります。

 

男性ホルモンの減少

では、男性の場合、もしホルモンが減少したら、一体どうなるでしょうか。まず、性欲が低下します。本来は性欲は必要なのですが、もし性欲が減退してしまうと、全体的に元気を感じなくなるのです。

 

このように、男女共に体内のホルモンが減少することによって、少なからず更年期症状に繋がっていくのです。ホルモンの減少ぐらい大したことないのではと感じるかもしれませんが、実はそうではないのです。

 

>>加齢と体力の低下が原因 について見る

更年期の症状とおすすめサプリ一覧

スポンサードリンク

page top